当園について

A DAY OF CHILDREN

園の紹介

江戸時代の長崎街道、木屋瀬宿場町の中にあり、遠賀川を横に見て、自然豊かな環境の中で、歴史と自然に育くまれ、のびのびと心豊かな保育を目ざしています。まずは体力づくりと、毎日園庭を元気いっぱいかけまわったり、体育あそびを通じて身体の発達に心がけています。子どもたちと保育士さんたちの明るい声が、いつも聞こえてきます。

保育方針

◯子どもが、安全で、安心な環境の下に健康で情緒の安定した生活が送れるように保育を行います。
◯養護と教育が一体となって、子どもの一人ひとりの成長や人種を尊重して保育を行います。
◯子どもが、意欲を持って、自分の良さを生かし、自己発揮しながら自立していくように保育を進めます。
◯年齢別5クラスでの保育を行っていますが、保育所保育指針の発達過程に基づいて保育を進めます。

保育目標

創立70余年来の伝統を生かし、お釈迦さまのみ教え『よいこのことば』に基づいて、のびのびとすこやかな子どもの育成に心がけています。
『よいこのことば』

 ①よい子になります。(尊敬・信頼・感謝)・・・自分をよく見つめ、自分を生かす。
 ②よいことを守ります。(規律・協同・自信)・・・物事をやり出したら最 後までやりとげる。
 ③みんななかよくします。・・・なかよく助け合っていく。
 

園の特色


○健康保育を推進し、毎週金曜日の体育あそびの日は、園児は年中、半袖、半ズボンでいろいろな競技にチャレンジしています。
また、月に一度、専門の講師による指導も行っています。
 ※2~5才児を対象に実施しています。



○月に二度、スイミングクラブにて水泳教室を行っています。
 ※3~5才児を対象に実施しています。 
 ※保育費とは別に費用をいただいております。
 


○毎週月曜、本堂又はホールにおいて礼拝を行い、年長組によ
る献燈献華や仏様の歌を聞いたり、約束をしたり、幼児期に大切な情操教育を培います。
 ※2~5才児を対象に実施しています。

 

○保育の各行事へ、保護者・年長者・地域の方への参加を呼びかけています。

 

木屋瀬保育園の沿革

昭和16年 4月
  • 永源寺本堂にて保育を始める
昭和18年 4月
  • 町の要請により正式開園
昭和21年10月
  • 保護施設認可
昭和22年 5月
  • 旧園舎落成
昭和23年 1月
  • 児童福祉施設認可
昭和49年 9月
  • 現園舎落成
 ~ 現在
  • その後、園舎の改修・修繕や定員の変更等をその都度を行い現在に至る。